女性目線から考えるビルトインガレージの実用性

ビルトインガレージ

住まいと車には密接な関わりがあります。通勤やビジネスで車を利用したり、買い物や送迎に車が必要だったり、あるいはドライブやレジャーなど車を趣味として楽しんだり…。地域性にもよりますが、車のない生活は考えられないという人も多いのではないでしょうか。
当然のことですが、車を所有していれば駐車場が必要になります。家づくりを検討するにあたって、駐車スペースをどこに確保するのかは、避けては通れない重要なポイントと言えるでしょう。
青空駐車やカーポートなど、いくつかの選択肢の中の一つにビルトインガレージがあります。ビルトインガレージと聞くと、“車好きな男性が憧れるライフスタイル”のようなイメージがあるかもしれません。ところが、実際にビルトインガレージのある家で暮らしている人の話を聞くと、その快適さを実感している女性の声が多いことに気付かされます。
そこで、今回は女性の目線から見たビルトインガレージの魅力についてまとめてみました。

ビルトインガレージの5つの魅力

ビルトインガレージ

雨に濡れず車の乗り降りができる

雨の強い日に、傘を差しながら車の乗り降りをすると、それだけで多少なりともストレスを感じます。ましてや買い物した荷物の出し入れはとても大変。そのうえ小さなお子さんを抱きかかえるとなると、一度では事足りず何度も往復することになり、しまいには雨にあたってびしょ濡れになってしまいます。そんな時、ビルトインガレージなら、風雨の強い日でも車の乗り降りや荷物の出し入れがラクラク。お子さんも雨にぬれずに安心です。

動線の工夫で移動距離が短くなる

ビルトインガレージからキッチン

ガレージから直接室内に出入りできるドアを設けることで移動距離も短くなり、家事や育児の負担が軽減されます。その際、ガレージと居住空間を結ぶ動線は、玄関ホールやLDK、水回りなど、自身のライフスタイルに合わせると利便性がアップします。

収納場所として活用する

屋外で使う掃除道具、冬用タイヤ、アウトドア系の道具、サッカーボールやスケートボードといったスポーツ用品や遊具など、家の中に入れられない、あるいは持ち込みたくないものは意外とたくさんあります。収納場所に困って後から物置きを別途購入するなんてこともあるでしょう。ビルトインガレージであれば、あらかじめ収納スペースを計画しておくことで、これらのものを1カ所に収納できて、室内に持ち込む必要も外付けの物置を購入する必要もなくなります。

子どもの遊び場として楽しむ

ビルトインガレージでキャンプ

お子様が外で遊びたいけれど、雨が降っていて外で遊べない。または真夏の炎天下で遊ぶのは熱中症になりかねない。そんな時には、ガレージの中も遊び場として有効です。お子様にとって秘密基地のようなワクワク感が得られ、ちょっと目先が変わるだけでも楽しめるものです。親子でキャンプをしたり、食事をしたり、工夫次第で楽しい思い出にもなりそうです。

おしゃれで魅力的な外観デザイン

建物と一体感のあるビルトインガレージは、すっきりとした印象を与え、統一感のあるデザインに仕上がることで、外観デザインにこだわりのある人からも好まれています。人とはちょっと違うステキな家にしたい、「おしゃれ」「センスがいい」そんな言葉がビルトインガレージには似合います。

いかがだったでしょうか。女性目線からビルトインガレージの実用性を考えてみましたが、たくさんの魅力にあふれていて「あったらいいな」と思えたのではないでしょうか。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 地方移住で憧れのライフスタイルを手に入れる

  2. ビルトインガレージ、インナーガレージ、ガレージハウスの違いは何?

  3. 新築するなら電気自動車用のコンセントを設置しよう

  1. 知っておきたい。ビルトインガレージづくりの注意点

  1. 知っておきたい。ビルトインガレージづくりの注意点

ランキング

  1. 1

    新築するなら電気自動車用のコンセントを設置しよう

  2. 2

    知っておきたい。ビルトインガレージづくりの注意点

  3. 3

    狭小地(敷地32坪)に3階建て都市型住宅A邸

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
ウィーブ
TOP