「理想の家」を目指して、家づくりの流れを知ろう

家づくり

憧れのマイホームを建てるということは、一生に一度の大きな買い物。ほとんどの人が「家づくりは初めて」という初心者ばかりです。何から始めたらいいのかよくわからないのは、ある意味当然のこと。そこで今回は一般的な家づくりの流れを紹介していきます。

STEP1
暮らしをイメージしながら情報収集

家づくりを考え始めたのなら、まずは家族にとっての「理想の家」をイメージすることから始めましょう。どんな暮らしをしたいのかを家族全員で話し合って、意見を出し合うことが大切です。「子育てしやすい環境で暮らしたい」「郊外でのんびり暮らしたい」「交通の利便性を優先したい」「ガレージがほしい」など、家族のこれからのライフスタイルを考えていけば、理想とするマイホームのイメージが見えてきます。

家づくりのイメージがある程度明確になったら、必要な情報を集めていきます。住宅情報誌や新聞広告、インターネットなどを利用したり、最近ではSNSやスマホのアプリなども充実していて、新しい暮らしのイメージづくりに役立ちます。

STEP2
実際の建物を見学してみよう

情報を集めたら、次は実際の建物を見てみましょう。見学先には複数のハウスメーカーが集まった総合住宅展示場のほか、ビルダーが単独で公開しているモデルハウスやショールームがあります。またモデルハウスを持っていない規模の小さな工務店などは、新築の完成見学会などを期間限定で公開し、施工例を見学することができます。実際に建てた家を見ると、暮らしをイメージしやすくなり、夢の実現に一歩近づきます。

また住宅関連イベントやセミナー、相談会などに参加して理解を深めるのもいいでしょう。建設会社によっては「資金計画」や「人生設計」などの勉強会を開催しているところもあります。

STEP3
家づくりのパートナー選びと土地の相談

家づくりの依頼先は、大きく分けて工務店、ハウスメーカー、設計事務所などがあります。地域密着型の工務店は、細かい要望に対応してくれる柔軟さとフットワークの軽さが魅力です。ハウスメーカーには品質、施工管理など大手ならではの保証や安心感があります。設計事務所は施主の要望に独自のアイデアをプラスした個性が得られるなど、それぞれの特徴を理解したうえでイメージに合う建築会社を選びましょう。担当者との相性も会社選びの重要な要素です。

家を建てるためには「土地探し」も大切です。地元の不動産会社のほか、建築依頼先にも相談できます。エリアや金額などの要望を伝え、土地探しをお願いしましょう。

STEP4
プランニングと見積りの依頼

土地が決定したら、見学した建築会社のうちの2~3社に絞って建物の基本的な設計プランと見積りを出してもらいます。

その後、施主の要望やライフスタイル、予算を建築会社に伝え、打ち合わせを重ねながら具体的な間取りや動線、外観デザイン、設備の仕様などプランを詰めていきます。
家の概算見積りが出たら資金計画を確認し、設計プランや図面、予算などの見積りに問題がなく、納得ができたらいよいよ契約へ進みます。ここから本格的な家づくりが始まります。

STEP5
契約・ローンの申し込み

プランニングが固まり、資金計画のめどが立ったら契約を結びます。契約後、さらに細かな仕様を決定していきます。変更が出た場合は、その都度内容および金額をしっかり確認していきます。
住宅ローンを利用する場合は、借り入れ条件や返済中の条件変更など、会社によって内容も異なるので、申し込む前に慎重に検討する必要があります。建築会社の担当者に相談し、サポートを受けるといいでしょう。住宅ローンの本審査が通り、無事にローン契約が済めば、いよいよ着工です。

STEP6
着工・完成・引き渡し

着工後は地鎮祭を経て、あとは完成を待ちます。以前は上棟式を行っていましたが、近年は省略化することが多くなりました。

着工後はときどき現場に顔を出して進捗状況を確認したり、契約通りの仕様になっているかどうか、施工担当者や現場の大工さんとコミュニケーションを取ると良いでしょう。
住宅が完成したら、引き渡し前に竣工検査に立ち会います。不具合や相違点があった場合は是正・補修してもらいます。各設備機器の使用方法の説明を受けた後、鍵を受け取って待望の入居となります。

STEP7
アフターメンテナンス

家は建ててしまえば終わりということではありません。ご家族が安心して長く暮らせるように、建築会社によるアフターメンテナンスの定期的な訪問・点検が行われ、住まいの健康状態をチェックします。引き渡しをしてからが建築会社との本当の付き合いが始まると言っても過言ではないでしょう。

「ビルトインガレージのある家」を数多く手掛ける大成住建は、家づくりはもちろんのこと、土地探しや資金繰り、アフターメンテナンスやリフォーム工事に至るまで、住宅にまつわるあらゆることに対応いたします。何でも気軽にご相談ください。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP