コロナ禍で変化する注文住宅の新常識

家づくり

新型コロナウイルスの流行によって「新しい生活様式」が提唱され、現代の生活は大きく変化しました。家で過ごす時間が長くなったことで、あらためて住まいの大切さを実感し、暮らし方を見つめ直した人は多いのではないでしょうか。

今回はウィズコロナ、そしてアフターコロナを見据えて、家族が安心して楽しく暮らせるニューノーマルな注文住宅での家づくりのポイントをご紹介します。

快適なワークスペースの確保

コロナ禍で働き方にも大きな変化がありました。それは「リモートワーク」や「テレワーク」を導入する企業が増え、自宅で作業をすることが求められるようになったからです。また教育の現場でもリモートでオンライン授業を取り入れる学校が都心部を中心に増加しています。

在宅ワークが身近な働き方になりつつあるなかで、家の中でも快適に仕事ができる書斎や専用のスペースを希望する人が増えています。とはいえ、ワークスペースにもさまざまなタイプがあります。家の中でどう働くのか、ライフスタイルに見合ったワークスペースを選ぶといいでしょう。

個室、半個室の書斎

ウェブ会議が頻繁にある場合は、家族やペットに邪魔されず、生活音や声が気にならない個室型の書斎がおすすめ。

オープンスペース

家族の気配を感じながら、あるいは家事をしながら在宅ワークをするなら、リビングやダイニング・キッチンの一角にワークスペースを設けるといいでしょう。

簡易スペース

在宅ワークが今後も続くかどうかわからないという場合には、階段下や2階ホール、廊下などを活用して、フレキシブルに使える作業スペースを用意してみてはいかがでしょうか。

ウイルスを家の中に持ち込まない工夫

ウイルスの感染予防には手洗い・うがいが欠かせません。家族が集まる空間にウイルスを持ち込まないためにも、帰宅したらすぐに手洗い・うがいができるような環境がつくれたらいいですよね。家族1人1人の心掛けでそれが習慣化できれば、居住空間を清潔に保つことができます。

そのためには、土間やホールなど、できるだけ玄関のすぐ近くに手洗い洗面を設ける方法、あるいは玄関からリビングを通らず、直接アクセスできる位置に洗面・脱衣・浴室を配置する方法もあります。

ウイルスを家の中に持ち込まないためには、上着や帽子、かばんなどを収納できる「玄関クローク」や「土間収納」があると便利。外部との接触が多いものを玄関付近に収納すれば、リビングや各部屋にウイルスや花粉などを持ち込みにくくすることができます。

食材のストックに便利なパントリー

コロナ禍で買い物事情にも変化がありました。人との接触や混雑はできるだけ避けたいため、買い物へ行く回数を減らしてまとめ買いをしたり、ネットショッピングを活用したり、宅配サービスを利用するケースも増えました。

食品を大量にまとめ買いしても、収納スペースがなければキッチンは散らかってしまいます。そこでキッチンの近くに「パントリー」をつくれば、食品を一カ所に収納できて、キッチンをすっきりと保つことができます。日頃からストック食材を置いておけば、非常時への備えにもなりますね。

ネットショッピング利用の増加に伴って、宅配ボックスも人気です。留守中に荷物を受け取ることができるのはもちろん、コロナ禍で主流になった「置き配」に対応し、非対面で

安心して荷物を受け取ることができます。

「おうち時間」を楽しむ

旅行やレジャーなどの遠出がしづらい現状のなか、休日をのんびり自宅で過ごす「おうち時間」が増えました。どうせ家にいるのなら、おうち時間を楽しく快適に過ごしたいもの。家族が自然と集まれる空間があるといいですよね。

そんな時、ウッドデッキのある庭やビルトインガレージがあったなら、休日にバーベキューをしたり、テントを張って家族だけの「おうちキャンプ」も楽しめます。特にガレージは天候に左右されないため、雨で公園に遊びに行けなくても子どもの遊び場として重宝します。

いかがでしたか?

「家は寝に帰る場所」という考えはもう過去のもの。家は、家族が安全で快適に過ごせて、時には仕事をしたり、趣味やレジャーを楽しんだり、さまざまなニーズにフレキシブルに対応できる環境が求められます。

大成住建ではお客様のご要望に寄り添ったニューノーマルな家づくりをお手伝いします。ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP